測量業務


 

当社では、許認可業務や登記業務などに加え、現況測量などの測量業務にも取り組んでいます。測量士・土地家屋調査士のもと、正確性・信頼性に優れたプロの技術で迅速に対応いたします。


測量とは?
測量は地表面上の点の位置関係を確立するものとされています。
対象となる土地の状態や位置関係を調査し、境界の位置や土地の形状面積などを数値化する作業ですが、その種類は様々で、必要に応じた適正な精度と方法によって行うことになります。



実際に測量が必要な場合は、土地の売買や相続などで所有している土地を分割する時、もともとあった登記上の面積を測りなおす時などです。



測量を行うにあたって、事前に土地の実態や境界線の調査を行い、土地の範囲を確定します。境界が確定していない場合には、隣接土地所有者(市町村など)との境界確認作業を基に境界線を測量し、境界標識(境界杭・金属プレートなど)を設置して測量図を作成します。



測量の手順としては、下記のような流れで作業を進めることになります。

  1,法務局及び、市町村などでの調査
  2,仮測量
  3,境界確認
  4,
境界標の設置、明示・測量図作成
  5,筆界確認証明書(明示同意書)の取り交わし(境界確定)




以下、当社の行う代表的な測量をご紹介します。